お金儲けのシステムづくり

重要なのはシステム化

『マクドナルドがすごいのは早くておいしいハンバーガーを発明したことではなく、そのシステムを発明したからである。』

そう、お金儲けをしようと思ったら儲かるシステム作りをしないといけません。どんなに素晴らしい発明でもそれを世の中に広めて人の役に立ち、その見返りに利益という報酬を手にしようと思ったら、一人ではできないのです。

新しいものを広めるにはそれなりの労力が必要となってくるのと、早く広めないと他の誰かに真似されてしまいます。もちろん特許をとっていたとしても似たような類似品は出回ることは避けられません。

そう考えると大きなお金儲けをしようと思ったら、ある程度資金が必要になってきます。さらに考えると普通のひとにはとても難しい問題だとわかります。

起業して5年後に存続している会社は数%といわれています。起業は夢がありますが、現実は果てしなく低いと思ってください。

われわれ個人が大きくお金儲けをしようと思ったら、1馬力で儲けられるシステムを作らないといけません。

1馬力のシステムなんてあるのでしょうか?しかも会社以外の時間を使って利益を出せるような。。。

そう考えて私が始めたのは為替取引でした。1馬力で数馬力以上のお金を動かすことができるのはこれだと。

今までアルバイトや会社勤めなど、1馬力程度のことしかしてきませんでした。これではいつまで経っても結果は変わらないと判りました。

お金儲けは数馬力をださないと稼げないんだと。

前へ 次へ
Copyright お金儲けのシステムづくり All Rights Reserved.